bface

DXに関連する技術とは?<DXの基礎知識第④>

今回はDX(デジタル・トランスフォーメーション)の基礎知識や進め方について、イチから学びたい方のために、日本能率協会の「DX(デジタルトランスフォーメーション)推進セミナー(オンライン)」で講師をつとめる高安篤史氏にコラムを寄稿いただきました。 このDXのコラム連載は、下記の様な流れで全9回にわたって進めていきます。 データの有効利用とは? DXのための組織改革とは? DXのための人材育成とは? DXに関連する技術とは?・・・・・今回はココ DX推進のための必要スキルとは? DX推進におけるはまりやすい罠 ...

メタ認知

【経営の羅針盤 2021年3月】 「メタ認知」とは 「メタ認知」という心理学用語があります。「メタ(meta)」は、「高次の」とか「より上位の」を意味する接頭語です。したがって、「メタ認知」とは、「認知についての認知」ということになります。自分自身や他者が何かを認知している状態を、客観的に見つめることとも言えるでしょう。 メタ認知には、メタ認知的知識とメタ認知的活動があるとされています。メタ認知的知識は、人の認知のあり方や傾向などの特性に関する知識、課題に応じた対処の仕方に関する知識、課題解決の仕方に関す ...

DXのための人材育成とは?<DXの基礎知識③>

今回はDX(デジタル・トランスフォーメーション)の基礎知識や進め方について、イチから学びたい方のために、日本能率協会の「DX(デジタルトランスフォーメーション)推進セミナー(オンライン)」で講師をつとめる高安篤史氏にコラムを寄稿いただきました。 このDXのコラム連載は、下記の様な流れで全9回にわたって進めていきます。 データの有効利用とは? DXのための組織改革とは? DXのための人材育成とは?・・・・・今回はココ DXに関連する技術とは? DX推進のための必要スキルとは? DX推進におけるはまりやすい罠 ...

「多異変な時代」にリーダーが大切にしたいこと

【経営の羅針盤 2021年2月】 現在の企業がおかれている「多異変な時代」 「多異変な時代」。これは、長年にわたってグローバルリーダーの育成や組織変革に携わっている船川淳志さん(株式会社グローバルインパクト 代表パートナー)(*1)による造語です。大きくパラダイムがシフトしている「大変な時代」は、多様性と変化に富んだ「多異変な時代」でもあるという意味で、2001年から使用されているそうです。 筆者は、日本能率協会が、グローバルリーダーの育成を目的として2004年に開講した研修プログラム『グローバル・ビジネ ...

サイトを公開しました