仕事をしこうさくご

ニューノーマル時代のオープンイノベーション

コロナ禍より前から、新規事業開発のため、オープンイノベーションはその重要性が指摘されてきました。しかし企業や業界によって濃淡はあるものの、日本の産業全体を見て、十分に理解・実施されているとは、まだ言えない状況ではないでしょうか? コロナ禍によって、社外とつながるオープンイノベーションの推進は一見、難しく見えるかもしれません。しかし、むしろオンライン化の普及により新たな「つながり」の可能性は増しているのではないでしょうか。 本記事では今、改めて、オープンイノベーションとは何か、その巧みな実施方法と可能性につ ...

失敗事例に学ぶ、DXを成功に導くプロジェクト推進戦略とは?(2/3)

本記事は、400社以上のDXやデジタル推進のご支援をされている株式会社スタンダード 代表取締役CTO・共同創業者 鶴岡友也氏によるセミナーを、全3回の連載でご紹介しています。 同社がこれまで獲得してきたノウハウを基にしたDXプロジェクトの進め方のベストプラクティスを体系的に知ることができる内容となっています。 前回の記事では、DXが必要な理由について説明しました。 第2回目となる今回は実際にどうプロジェクトを行っていけば良いのかを紹介していきます。 株式会社スタンダード 代表取締役CTO・共同創業者 鶴岡 ...

失敗事例に学ぶ、DXを成功に導くプロジェクト推進戦略とは?(1/3)

デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が広く普及し、多くの企業で「DX推進室」などの専門部署が設置されています。 それに伴い、経営者から「君にDXは任せた!」と言われたものの、どのように進めていけばいいのか分からずに担当者が困ってしまうケースや、議論の結果DXとまではいかずに「デジタライゼーションに小さく収まってしまう」ケースが散見されるのが現状です。 そこで、大企業を中心としたDXプロジェクトを400社以上支援し、幾多のDX成功事例を作ってきた株式会社STANDARD代表取締役CTOの鶴岡氏 ...

スタートアップと連携する10のポイントとカーブアウト

イノベーションの創出に優れた組織とそうでない組織を隔てるものは何でしょうか? その1つに社外のリソースの活用をあげたいと思います。 たとえば、優れたアイデアをもつスタートアップと連携し、自社単独では実現できない新規事業開発を推進する、などです。 また、企業が自社内の特定事業を独立させる「カーブアウト・スタートアップ」もオープンイノベーションの新潮流として注目されるようになってきました。 今回は、大企業の新規事業開発コンサルおよびスタートアップ投資を数多く手がけてきた福島彰一郎氏にスタートアップと連携する1 ...

オンラインセミナーをスムーズに運営して盛り上げる5つのポイント【開催前編】

コロナ禍をきっかけに、今年は多くの講演会やセミナーがオンラインに移行しました。 オンラインセミナーへの参加は私たちの情報収集のひとつの手段としてすっかり定着した感があります。 また、営業活動や説明会に代わるものとしてオンラインセミナーを開催する企業も増えてきました。リアルに開催できないという事情もありますが、時間や場所の制約がなく開催できるオンラインセミナーは、リード獲得などに有効な施策です。 一方、オンラインセミナーを開催する上で、戸惑うことが多いのが運営方法です。 Zoomなど手軽に使える便利なツール ...

三人のレンガ職人の寓話~今、改めて仕事の意義を考える~

【経営の羅針盤 2020年10月】 ■3人のレンガ職人の寓話 このコラムをご覧になっている方なら、「3人のレンガ職人」の寓話を目にしたことがある方が多いことかと思います。念のために、概略をご紹介します。 ある旅人が道を歩いていると、一人のレンガ職人がレンガを積んでいるところに出会った。 旅人が「あなたは、何をしているのですか?」と尋ねると、 レンガ職人は、「見ればわかるだろう。親方の指示で、レンガを積んでいるのだ」と答えた。 旅人が歩いていくと、別のレンガ職人に出会った。 また、「何をしているのですか?」 ...

リモートワークと従業員エンゲージメント

リモートワークが定着する一方、多くの企業で問題になっているのが「社内コミュニケーション」の低下です。 社内コミュニケーションの機会が減少することで、従業員の組織に対する帰属意識(エンゲージメント)が薄れてしまい、モチベーションや生産性の低下を招いてしまうのではないか、という懸念がマネジメント職を対象とした各種調査結果から浮き彫りになっています。 特に日本では、コロナ禍以前からリモートワークが進んでいた企業でも「社内コミュニケーション」に課題をもっている企業が多く、未だ正解を模索中の段階です。 また、従業員 ...

© 2020 一般社団法人日本能率協会