企業文化(カルチャー)の重要性

2022/3/30

【経営の羅針盤 2022年3月】 Culture eats strategy for breakfast. 直訳すると、「カルチャーは朝食に戦略を食べる」となりますが、企業文化は戦略を簡単に平らげる、打ち負かすということを意味しています。ピーター・ドラッガーによる言葉とされているものです(ただし、書籍や文献には、そのような記述は残っていないようですが)。 どんなに素晴らしい経営戦略を立てても、それを実行する社員一人ひとりの行動が伴わなければ、絵に描いた餅に終わります。組織に根付いてい社員の思考パターンや行 ...

ReadMore

オンライン下で気を付けたい「メラビアンの法則」

2022/2/22

【経営の羅針盤 2022年2月】 2年にわたるコロナ禍のなかで、オンラインツールを利用したコミュニケーションが常態化しています。部門・チームの打合せ、部下との1on1(1対1でのミーティング)、顧客や取引先との打合せなど、なかには、30分単位で朝から晩までオンラインミーティングが重なって、トイレに行く時間もままならないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 このように増加しているオンライン下でのコミュニケーションですが、一方で、オンラインでは会話が深まらないという声を耳にします。今回のコラムでは、「 ...

ReadMore

顧客が欲しているのは「ドリルの穴」

2022/1/12

【経営の羅針盤 2022年1月】 「昨年、1/4インチ口径のドリルが100万個売れたのは、人びとが1/4インチのドリルを欲しかったからではない。1/4インチの穴が欲しかったのである」 ご存知の方も多いと思いますが、これは、マーケティングの大家であるセオドア・レビット博士が、著書『マーケティング発想法』(1971年/原著は1968年出版)の中で紹介した有名な話です。 レビット博士は、企業が商品やサービスを販売するときに、その商品・サービスの機能のみに着眼し、狭く定義してしまうことによって、競合や環境変化に対 ...

ReadMore

人材戦略の成果を高めるカギは「人事部門体制の構築」

2021/12/16

【経営の羅針盤 2021年12月】   資源の乏しい我が国においては、これまで、人を基軸とした経営を重視し、発展を遂げてきました。 しかし、今日ほど、人材の強化の重要性が高まっている時期は無かったのではないでしょうか。 日本能率協会が、毎年、企業経営者を対象に実施している調査においても、人材の強化を重要な経営課題として挙げる比率が増加しているという結果が見られています。 背景の一つには、やはり、デジタル技術の進化にともなう社会や産業、事業構造の変革があるでしょう。DX(デジタルトランスフォーメー ...

ReadMore

三人のレンガ職人の寓話(続編)~ 組織で目的を共有することの意義

2021/11/10

【経営の羅針盤 2021年11月】 以前、このコラム欄で、「3人のレンガ職人」の寓話をご紹介しました。 https://shikousakugo.jma.or.jp/work/improving-competitiveness2010 今回は、続編として、この寓話で描かれている状況を「集団」に発展させて、考えてみたいと思います。 まず、「3人のレンガ職人」の寓話を、筆者が集団バージョンにアレンジした内容をお読みください。 ある旅人が道を歩いていると、一組のレンガ職人集団がレンガを積んでいるところに出会った ...

ReadMore

酸っぱい葡萄

2021/10/7

【経営の羅針盤 2021年10月】 心理学で紹介される寓話の一つに「酸っぱい葡萄」があります。 * * * あるところに、一匹のキツネがいました。しばらくの間、何も食べておらず、とてもお腹が空いていました。歩いていると、目の前に葡萄畑がありました。 たわわに実った、おいしそうな葡萄がなっています。 腹ペコのキツネは、背伸びをしたり、ジャンプしたりして、何とか葡萄を食べようとしました。 ところが、葡萄は高いところになっていて、どうしても、葡萄を採ることができませんでした。 諦めたキツネは、立ち去りながら、恨 ...

ReadMore

#1人事マネジメント50年史から俯瞰する~「ジョブ型」の本質とは?

2021/9/8

    目次 「ジョブ型」とは 「職能主義」「職務主義」を繰り返した30年 社会構造の変化と「ジョブ型」への流れ 役割期待と成長機会が包含された「ジョブ型」へ 1.「ジョブ型」とは 「ジョブ型雇用が拡大」、「ジョブ型人事制度を導入」といった記事を目にすることが増えてきました。世の中の人事トレンドがジョブ型にきている、とも言えるでしょう。   とはいえ、ジョブ型とはいったい何を指しているのでしょうか。いわゆる欧米型の、職務給に基づく職務主義人事制度であるというのが、まず基本理解 ...

ReadMore

#2人事マネジメント50年史から俯瞰する~心理的安全性と管理者のパワー

2021/9/8

  目次 心理的安全性とは 心理的安全性を築く管理者の行動とは 管理者がやってはいけないこと 管理者のパワーはどこに? 感動の共有が生む真のパワー 1.心理的安全性とは 心理的安全性とは、ハーバード大学のエイミーエドモンドソン教授が提唱した、チームの生産性を高めるために必要な状態を言います。具体的には次のように書かれています。   「チームにおいて、他のメンバーが自分の発言を恥じたり、拒絶したり、罰をあたえることをしないという確信をもっている状態であり、チームは対人リスクをとるのに安全 ...

ReadMore

ハチドリのひとしずく

2021/9/7

【経営の羅針盤 2021年9月】 「ハチドリのひとしずく」というお話をご存知でしょうか。 * * * 森で火事が起こりました。 獣も昆虫も鳥たちも、われ先に逃げました。 しかし、クリキンディという名前の1羽の小さなハチドリは留まりました。 そして、水辺と森を行き来して、くちばしに入れた水を一滴ずつ、火の上に落としました。 動物たちはそれを見て、「そんなことをして、何になるんだ」と笑い出しました。 クリキンディは答えました。「私は自分ができることをしているだけだよ」と。 * * * もともと南米の先住民に伝 ...

ReadMore

人材育成の「70:20:10」の法則

2021/8/12

【経営の羅針盤 2021年8月】 目次 人材育成における「70:20:10」の法則 コロナ禍のなかで問われる「研修」の意義 経験学習とダブル・ループ学習 人材育成に関して、よく聞かれる「70:20:10」の法則。経験を通じた学びを効果的にするためには、何が重要か。本コラムでは、「経験学習」や「ダブル・ループ学習」の考え方を紹介しながら、コロナ禍の先を見据えて大切にしたい、学びや成長の視点を考えます。 1.人材育成における「70:20:10」の法則 人材育成において、「70:20:10」の法則というものがあ ...

ReadMore

最新記事一覧