【特集】SDGs経営を推進するために必要なこと

JMAが2020年に経営者を対象に行った調査によると、約6割の企業でSDGsに関わる取組がすでに始まっています。
その一方「社内推進体制の構築」「取り組みについての具体的な目標・KPIの設定」
「新しい商品・サービス・事業の開発への結び付け」などの課題が多くの企業で明らかになっています。

ここでは経営に貢献するSDGsを推進するための組織・人材づくりに役立つ情報とソリューションを紹介します。

記事一覧

会社/経営をしこうさくご

2020/12/1

企業活動にSDGsを組み込むための目標設定のコツ

産業界からの関心が高まっているSDGs。 しかし、意義は理解できるが、企業活動への組み込み方がわからないという声も少なくありません。 今回は、SDGsを経営と統合するには何が必要か、日本のSDGs推進の第一人者である 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の蟹江憲史教授に、国内外の取り組みと課題解決のヒントをお聞きしました。 ※本稿では一般社団法人日本能率協会が発行している機関紙「JMAマネジメント2019年12月号」の掲載記事を、タイトルを変更してご紹介しています。尚、掲載記事は2019年9月19日に開 ...

プロジェクトをしこうさくご 会社/経営をしこうさくご

2020/12/1

企業経営にメリットをもたらすSDGsの基本と進め方のコツ

「SDGs」という単語をいろいろなところで見聞きすることが増えてきました。 単語は聞くけど意味が分からない、それって本当に企業活動に有効なの?CSRとどう違うの?と思っている方もいるかもしれませんね。 JMAが2020年に調査した「当面する企業経営課題に関する調査」では経営者の9割がSDGsを知っていると回答し、すでに6割超の企業がSDGs推進の取り組みを行っており、前年と比較すると急速に拡大していることがわかりました。 SDGsが目指す持続可能な開発目標を達成するためには、「経済成長」「社会的包摂」「環 ...

2020年11月16日

© 2020 一般社団法人日本能率協会