自律型人材

コロナ禍においてビジネスを取り巻く環境は、かつて無いほど大きく、早く変化し続けています。
このような中、多くの企業では、自社が掲げた将来のビジョンを達成するために、現在起きている環境の変化や将来発生しそうな課題を的確に捉え、自律的に解決していくスキルを備えた人材の確保が喫緊の課題となっています。

「自律的に課題設定・解決できる人材」の育成や新たな活用・採用に役立つ情報とソリューションを紹介します。

#1人事マネジメント50年史から俯瞰する~「ジョブ型」の本質とは?

    目次 「ジョブ型」とは 「職能主義」「職務主義」を繰り返した30年 社会構造の変化と「ジョブ型」への流れ 役割期待と成長機会が包含された「ジョブ型」へ 1.「ジョブ型」とは 「ジョブ型雇用が拡大」、「ジョブ型人事制度を導入」といった記事を目にすることが増えてきました。世の中の人事トレンドがジョブ型にきている、とも言えるでしょう。   とはいえ、ジョブ型とはいったい何を指しているのでしょうか。いわゆる欧米型の、職務給に基づく職務主義人事制度であるというのが、まず基本理解 ...

#2人事マネジメント50年史から俯瞰する~心理的安全性と管理者のパワー

  目次 心理的安全性とは 心理的安全性を築く管理者の行動とは 管理者がやってはいけないこと 管理者のパワーはどこに? 感動の共有が生む真のパワー 1.心理的安全性とは 心理的安全性とは、ハーバード大学のエイミーエドモンドソン教授が提唱した、チームの生産性を高めるために必要な状態を言います。具体的には次のように書かれています。   「チームにおいて、他のメンバーが自分の発言を恥じたり、拒絶したり、罰をあたえることをしないという確信をもっている状態であり、チームは対人リスクをとるのに安全 ...

VUCA時代を生き残る企業変革をけん引する戦略思考人材の開発⑤~戦略思考を鍛えるためのトレーニング~

目次 戦略思考力は鍛えることができる 戦略思考力を鍛えるトレーニングとは 日本能率協会のノウハウが書かれた資料 「人材アセスメントを踏まえた社内研修活用例」を無料配布! 「まずは人材アセスメント資料請求する」   1.戦略思考力は鍛えることができる   戦略思考力・行動力は、企業や部門のビジョンを描き、そのビジョンを実現するための戦略を生み出し、周囲を巻き込みながら組織変革をけん引する力です。組織変革をけん引するためには、正解が無い中で、様々な視点から仮説設定と仮説検証を繰り返しながら ...

VUCA時代を生き残る企業変革をけん引する戦略思考人材の開発④~現在の戦略思考力のレベルを自己認識するアセスメントとは~

目次 戦略思考力・行動力を身に付けるために必要なこと 戦略思考力や行動力を評価するために必要なこと まとめ 日本能率協会のノウハウが書かれた資料 「人材アセスメントを踏まえた社内研修活用例」を無料配布! まずは「人材アセスメント」資料請求する   1.戦略思考力・行動力を身に付けるために必要なこと 戦略思考力・行動力は、企業や部門のビジョンを描き、そのビジョンを実現するための戦略を生み出し、周囲を巻き込みながら組織変革をけん引する力です。組織変革をけん引するためには、正解が無い中で、様々な視点か ...

VUCA時代を生き残る企業変革をけん引する戦略思考人材の開発③~戦略思考力を鍛えるためのプロセスとは~

目次 戦略思考力スキル向上の考え方 1-1.アナロジー(比喩表現)での戦略的思考 1-2.スキル向上は知識の獲得から 1-3.能動的・継続的な自己研鑽 — 協働的な取組の重要性 戦略思考力を身に付けるプロセスとは 2-1.基本ステップ 2-2.客観的なアセスメント獲得後の重要な行動 まとめ 日本能率協会のノウハウが書かれた資料 「人材アセスメントを踏まえた社内研修活用例」を無料配布! まずは「人材アセスメント」資料請求する     1.戦略思考力スキル向上の考え方 1-1.アナロジー( ...

VUCA時代を生き残る企業変革をけん引する戦略思考人材の開発②~企業に求められる戦略思考力とは~

【企業に求められる戦略思考力とは】 1.変革を牽引できるリーダーとは 企業変革の変革をけん引できるリーダーとは、①変革への強いリーダーシップ、②変革方法の思考力、③変革障壁の打破力、④強い意思や意欲といった、戦略的な思考と行動を兼ね備えた人材です。 「①変革への強いリーダーシップ」とは、企業が目指すビジョンを示し、周囲に影響を及ぼしながら、自らが退路を断ち、変革の実現へ直接的かつ間接的に働きかける意識や行為です。しかし、リーダーシップだけでは、変革は実現されません。 「②変革方法の思考力」、すなわち、ビジ ...

VUCA時代を生き残る企業変革をけん引する戦略思考人材の開発①

【企業における戦略思考人材の必要性】 1.求められる企業変革 昨今、ビジネスを取り巻く環境は、今までにないほど急速に、かつ、大きく変化しています。高速通信ネットワークの確立や、AI技術、ICT、フィンテック、ロボティクス技術等の発展によって、企業が顧客へ提供することができる製品やサービスの質的レベルは急速に向上しており、企業の事業戦略の転換が求められています。また、モノ消費からコト消費への転換、サブスクリプションによる所有から利用への転換、消費に対するインフルエンサーの影響度の向上、ネットビジネスの当たり ...

ネットワークサイエンスで改善!在宅勤務のコミュニケーションと生産性低下

今回は、ピープルアナリスト 大成弘子氏に、働く人々の幸福に関するデータ活用についてお話を伺いました。全4回にわたって沢山の事例を交えながらご紹介していきます。前回の記事(ピープルアナリストが語る、リモートで組織のつながりを強化する方法)に続き、最終回の第4回目となります。 今回は、リモートワークにおける問題TOP3のうち、 1.リモートワークによってつながりが薄れている、孤独を感じる 2.リモートワークでパフォーマンスが低下する社員がいる 3.リモートワークでオンラインミーティングが増えたが、どうコミュニ ...

ピープルアナリストが語る、リモートで組織のつながりを強化する方法

この記事では、「働く人々の幸福に関するデータ活用」をテーマにとりあげた、ピープルアナリスト 大成弘子氏の講演を全4回にわたってご紹介しています。今回は前回の記事(ピープルアナリストが語る、仕事の生産性を高める幸福とは?)に続き3回目となります。 第3・4回目では、リモートワークにおいて、企業が陥りがちな以下の問題をとりあげます。 1.リモートワークによってつながりが薄れている、孤独を感じる 2.リモートワークでパフォーマンスが低下する社員がいる 3.リモートワークでオンラインミーティングが増えたが、どうコ ...

ピープルアナリストが語る、仕事の生産性を高める幸福とは?

この記事では、「働く人々の幸福に関するデータ活用」をテーマにとりあげた、ピープルアナリスト 大成弘子氏の講演を全4回にわたってご紹介しています。前回の記事(「働く人を幸福にする」データ分析、ピープルアナリティクスとは?)に続き2回目となります。 第2回目となる今回は組織における「幸福」と「パフォーマンス」の関係に注目します。また、この幸福を作り出す「ネットワーク」の特徴についてもデータ分析の事例を通して考察していきます。 第1回 「働く人を幸福にする」データ分析、ピープルアナリティクスとは? 第2回←【今 ...

「働く人を幸福にする」データ分析、ピープルアナリティクスとは?

組織・企業の存続や成長を考える上で「働く人の幸せ」に注目する動きが広がっています。 さらにその「幸せ」を様々なデータ分析を用いて定量的に把握し、組織課題の解決、改善に役立てることができるのをご存知でしょうか?実はすでに組織における「働く人の幸せ」と「つながり」と「生産性向上」には深い相関があることがデータ分析結果からわかってきています。 リモートワークなどの環境においても人材活用や組織活性化を進めていくために、今後、人事領域でも「人」に関するデータ活用・分析の必要性が増していくと予想されます。 では、具体 ...

「Z世代」を自律型人材に育てるOJT~2020新入社員意識調査から~

2020年4月。コロナ禍で新入社員の受け入れ環境が十分に整わない中、新入社員研修を進めなければならず、途方に暮れた人事担当者、教育担当者は多かったのではないでしょうか。 多くの新入社員が数か月を経て各部門に配属となるこのタイミング。 従来は研修を通じて、あるいはオフィスで働く中で自然に身に付けられた、ビジネスマナーやビジネスパーソンとしてのマインドセットなどが、在宅勤務や研修のオンライン化など、予期せぬ環境の変化により、十分習得できていない可能性があります。 今年のOJTは、新入社員研修を十分な環境で実施 ...

© 2020 一般社団法人日本能率協会