JMAマネジメントバックナンバー

仕事をしこうさくご 会社/経営をしこうさくご

2021/1/20

SDGs 活用事例に学ぶ、企業理念と目標数字のひもづけ方

多くの企業がSDGs達成と企業の成長を連動させる取り組みを進めています。 しかし、自社の業種、事業とSDGsを紐づけて発想することが難しかったり、実現に向けて具体的な数値目標を立て、活動に落とし込むことができないといった悩みを抱えている担当者も少なくありません。 そんな時は企業理念や存在意義に立ち返り、SDGsを自社なりに捉え直すことが有効です。 今回はそれによって社内浸透の推進、事業の投資判断、新規事業の可能性が広がった、という企業のSDGs取り組み事例をご紹介します。 ※この記事では一般社団法人日本能 ...

プロジェクトをしこうさくご 仕事をしこうさくご

2020/12/2

ニューノーマル時代のオープンイノベーション

コロナ禍より前から、新規事業開発のため、オープンイノベーションはその重要性が指摘されてきました。しかし企業や業界によって濃淡はあるものの、日本の産業全体を見て、十分に理解・実施されているとは、まだ言えない状況ではないでしょうか? コロナ禍によって、社外とつながるオープンイノベーションの推進は一見、難しく見えるかもしれません。しかし、むしろオンライン化の普及により新たな「つながり」の可能性は増しているのではないでしょうか。 本記事では今、改めて、オープンイノベーションとは何か、その巧みな実施方法と可能性につ ...

会社/経営をしこうさくご

2020/12/15

企業活動にSDGsを組み込むための目標設定のコツ

産業界からの関心が高まっているSDGs。 しかし、意義は理解できるが、企業活動への組み込み方がわからないという声も少なくありません。 今回は、SDGsを経営と統合するには何が必要か、日本のSDGs推進の第一人者である 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の蟹江憲史教授に、国内外の取り組みと課題解決のヒントをお聞きしました。 ※本稿では一般社団法人日本能率協会が発行している機関紙「JMAマネジメント2019年12月号」の掲載記事を、タイトルを変更してご紹介しています。尚、掲載記事は2019年9月19日に開 ...

チームをしこうさくご

2020/10/12

部下の悩みの聞き出し方〜職場のメンタルヘルス〜

企業が講じるべき安全配慮には心も含まれることから、いま、多くの職場でメンタルヘルスへの対応が進められています。 「ストレス」とはもともと、物質工学的な概念です。物体に圧力をかけると歪みが生じる。人間の心と身体も同じで、外部からの刺激で歪みが生じます。これがストレスです。 チャレンジしたり、良い仕事をするうえで、ストレスは必ず存在します。 むしろ適度なストレスは脳を刺激し、心身を活性化させるために必要ですし、適度なストレスがない毎日はマンネリ化します。 精神医学の世界では「ストレスがまったくないと認知症が早 ...

チームをしこうさくご

2020/10/7

テレワークでも部下のメンタルヘルスはケアできる

2020年は私たちの環境が劇的に変わった、歴史的な年となりました。 テレワークや社内でのソーシャルディスタンスなどの働く環境の変化は、一過性のものではなく、少なくともこれから数年は続くと予想されます。中には、今後のスタンダードとして「常態化」していくものもあるでしょう。 また、コロナ打撃による経済の低迷もすでに始まっています。これがいつまで続くのか、自分や自分の会社は乗り越えられるのか、先行きの不透明さに不安を覚えている人も多いと思います。 こうした環境変化はビジネスパーソンのメンタルヘルスにも影響を及ぼ ...

チームをしこうさくご 仕事をしこうさくご

2020/12/15

リモートワークと従業員エンゲージメント

リモートワークが定着する一方、多くの企業で問題になっているのが「社内コミュニケーション」の低下です。 社内コミュニケーションの機会が減少することで、従業員の組織に対する帰属意識(エンゲージメント)が薄れてしまい、モチベーションや生産性の低下を招いてしまうのではないか、という懸念がマネジメント職を対象とした各種調査結果から浮き彫りになっています。 特に日本では、コロナ禍以前からリモートワークが進んでいた企業でも「社内コミュニケーション」に課題をもっている企業が多く、未だ正解を模索中の段階です。 また、従業員 ...

キャリアをしこうさくご チームをしこうさくご

2020/12/15

ニューノーマル時代の人材と人事マネジメント

新型コロナウイルスの感染拡大は、「10年分の変革が2カ月で起こった」といわれるほど、組織と人のあり方に大きな変化をもたらしました。 多くのビジネスパーソンの行動様式が変わることで、ビジネスのプロセスも変わり、「新常態(ニューノーマル)」として定着しつつあります。この変化の流れはコロナウイルス収束後も止まることはないでしょう。 そのような環境の変化にどう対応していけばよいか頭を悩ませている人事担当者も多いのではないでしょうか?これからの組織と人の良好な関係づくりのために、人事担当者には、 さらにこの先、人と ...

© 2020 一般社団法人日本能率協会